頒布作品ガイドライン

2018年4月以降のイベントより頒布作品に関して以下のように規定させていただきます。なお、この規定は特に一般倫理団体等に則したものではなく、当イベント独自で設定したガイドラインです。また今後の社会情勢等によって変更されことがありますのでご注意下さい。

・人種、信条、職業、性別、宗教などを不当に差別して表現している作品の禁止

・刺激が非常に強く嫌悪感が強い暴力シーンを表現している作品の禁止

・児ポ関連の事件が続き、判断力がない子どもをどう守っていくか社会問題に発展しております。そういった状況を受け、幼児、小・中学生等を連想させる作品の禁止

・肖像権、意匠権を侵害する恐れのある作品の禁止

・公序良俗に反する作品の禁止

・動画静止画を問わず、男女の性行為を撮影した作品の頒布を禁止

 

モザイク修正について

モザイクは視覚的に細部が不明瞭になっていること。等倍画像だけで無く画像縮小時にも細部が不明瞭になっていること。技術的に元の表現に戻せない状態のこと。

※何ピクセル以上のモザイクでという指定はございませんが、『わかりにくい』というレベルのモザイク修正でお願いします。最低限の目安として原型がわからないぐらいの粗い目のモザイク表現が望ましいです。(小さく表示した際にモザイク処理がかかってるとわかる程度)

ピクセル平方モザイク数に関しては、画像サイズとモザイク範囲により異なるため一概に規定できません。大手ダウンロードサイトでは、最小4ピクセル平方モザイクかつ画像全体の長辺が400ピクセル以上の場合、必要部位に画像全体長辺×1/100】程度を算出したピクセル平方モザイクとなっておりますが、現画像が大きくモザイク範囲が大きい場合は、この基準では縮小した場合明らかに明瞭すぎることが確認されております。画像状況に応じて調整してください。

・修正される場合明らかな修正とわからない物は修正と判断できませんので当イベントの頒布基準に適合できません。

 

 

●モザイクの必要範囲

・性器または性器を連想する部位

・性器の原形がわからないように周辺まで不明瞭にしてください

 

↓サンプル オリジナル画像 1800x1200 表示画面 300x200 以下同じ

↓画像全体長辺×1/100 モザイク画像 18平方ピクセル
クリックで拡大します。拡大画像では十分モザイクと認識できますが、縮小画像ではかなり細部まで確認できてしまいます。

↓画像全体長辺×1/50 モザイク画像 36平方ピクセル
クリックで拡大します。縮小画像でもほとんど確認できなくなります。

モザイク修正について(動画)

動画の場合認識度が高まるため、より広範囲かつ大きなピクセルでのモザイク処理をお願いします。

 

なおモザイク等の修正に関しては、2018年4月以降開催に頒布される作品すべてに適応されます。(過去当イベントで頒布可能作品でも基準を満たしてない物は頒布不可)

 

★事前審査に関して

①昨今の時代背景を踏まえて撮影時に18歳未満の被写体の作品は
過去の発表されたものも含めて「全て」厳しく審査します

・撮影時に18歳未満の被写体で下着の物は法律的に全て禁止です
・撮影時に18歳未満の被写体で性をテーマにしたもの、連想されるものも全て禁止です

②R18の作品は事前審査が必要です

当イベントガイドラインを確認の上ご対応下さい。

事前審査が必要なもの

1)R18ジャンルの完全新作
(R15であっても心配な方はご相談下さい)
2)他のイベントで販売停止処分になったもの
(当団体の基準で改めて審査いたします)
3)撮影時点で18歳未満のモデルを使った作品
(全年齢・R15・R18問わず、また既刊新刊関係なく全て審査します)

審査の基準は一般的なコンビニで陳列されている成人向け雑誌と同程度の露出基準とお考え下さい。

※審査が必要なのに申請していない作品、また法律に抵触すると判断される作品が
発覚した場合は即発売停止処分となりますので事前審査にご協力お願い致します。
締め切りは10月5日です。それ以降も受け付けますが、審査終了までお時間がかかる可能性があります。
当日も受け付けますが酷く時間がかかる可能性があります。なるべく早めにお送り下さい。

事前審査が必要ないもの
当イベントガイドラインに準拠している他のイベント・委託などでの発表済み既刊